MENU

CLOSE

洗顔しすぎはターンオーバーを阻害?鼻の毛穴黒ずみとの関係

洗顔しすぎはターンオーバーを阻害?鼻の毛穴黒ずみとの関係

763views

カテゴリ:未分類

洗顔のし過ぎで鼻が黒ずみやすいのはどうして?

a301c4a1908bd31f91b75e1740bc5024_s

気になるいちご鼻の原因は角栓。さらに刺激をすると鼻が黒ずむ

鼻が黒ずむと顔がくすんで見えますし、いちご鼻もきれいではありません。どうして、鼻が黒くなったりぽつぽつが見えてしまうのでしょうか?その原因は角栓にあります。角栓とは毛穴に溜まる汚れの塊です。よく、いちご鼻を絞ると黄色い棒が出てきます。それが毛穴をふさいでいることから角栓と呼ばれているのでしょう。

たまに角栓と間違える人もいるので、要チェックです。角栓は古い皮膚が皮脂によって固まったもので、触るとベタベタします。毛穴の中に入っているのでごしごしと表面を洗っても鼻を傷つけるだけ。やがて表皮が角質になって黒ずみます。

また、皮脂が酸化することで各線も黒ずむでしょう。そのため、なんとか角栓を絞り出したいもの。ところが、爪やピンセットで無理矢理絞り出すと毛穴の中で色素沈着が起きて黒ずみます。鼻の黒ずみ対策は意外とデリケートなのです。

ターンオーバーは毛穴の中でも起きていた?

たくさん洗顔すると、毛穴ケアになるどころか鼻の黒ずみが悪化してしまいます。これは、毛穴の中でもターンオーバーが起きているから。ターンオーバーとは古い皮膚がはがれて新しい皮膚にバトンタッチする現象ですが、毛穴も皮膚なので古い皮膚がはがれています。

しかし、鼻の角栓を落とそうと必死に毛穴を洗うと皮膚を傷めてターンオーバーの周期が狂ってしまいます。そのせいで、角栓がたまりやすくなるのです。

つまり、鼻の黒ずみはこのように起きていた

ここまでの話をまとめると、以下のようになります。鼻が黒ずむ人は、毛穴に皮脂や汚れが入り込み角栓を作る角栓を放置していると芽だっていちご鼻になりますし、皮脂が酸化して黒ずむ。

対策しようと鼻を洗いすぎるとその刺激で鼻の頭が黒くなり、毛穴の皮膚もはがれやすくなる汚れを落とそうと頑張って洗顔するほど肌はダメージを受けています。正しい洗顔を覚えれば優しく洗うだけで毛穴ケアができてしまうのです。

鼻の黒ずみがない人も覚えたい正しい洗顔について

81c4dcd423fd6d33050195b0f5c68356_s

正しい洗顔は洗いすぎないこと

正しい洗顔とは、洗いすぎない洗顔のことです。皮脂や細菌を洗おうとゴシゴシ洗ってしまいますがそうすると汚れだけでなく大事な肌バリアも落としてしまいます。顔の肌は体に比べてずっとデリケートなので、体と同じ洗い方では傷めてしまいます。

特に、肌のバリア機能は皮脂が担っているのできれいさっぱり洗い流すと逆効果です。ダメージを受けた肌はターンオーバーがうまくいかなくなるので肌が荒れてしまう、一部のターンオーバーが加速して角質になってしまうといった症状が見られます。

そこで、顔を洗う時は洗顔料の使用を最小限にとどめます。そして、軽度の場合はお湯だけでの洗顔も構いません。お湯の温度も肌にやさしい38度くらいで30秒ほどさっと洗う。毎日の洗顔はこのくらいで十分なのです。毛穴が溜まっている場合も洗顔料を使えば泡と汚れを浮かせる力で落とせます。

角栓は細かい汚れが皮脂で固まっているものなので皮脂を溶かせばいいのです。頑固な汚れになっている場合はスクラブ入り洗顔量を使いますが、使ったとしても1週間に1回くらいです。それ以上に使うとかえって肌を痛めてしまいます。普通に売られている割には強い効果を持っているのです。

開いた毛穴は引き締める

毛穴の汚れを落とすと、角栓が入っていた分の穴が目立ちます。この状態を放置していると汚れが入り込んで新しい角栓を作ってしまいます。よって、洗った後は毛穴の引き締めも一緒に行うことが効果的です。毛穴の引き締めは保湿だけでなく収れん化粧水と呼ばれるものも効果的です。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事