MENU

CLOSE

パック、エステ、皮膚科…毛穴黒ずみ対策の長所・短所

パック、エステ、皮膚科…毛穴黒ずみ対策の長所・短所

378views

カテゴリ:未分類

鼻の黒ずみ、どうしてできる?

ff7a3151cdfa9f8035d412cf5b095079_s

鼻の黒ずみは角栓を放置するとできる

鼻の黒ずみが目立ってぶつぶつして見える。それは間違いなく角栓が原因です。角栓とは毛穴に溜まる汚れのことですが、特に角栓が目立ちやすいのが鼻です。角栓は汚れとして目立つだけでなく鼻の黒ずみを引き起こします。その理由は角栓に住んでいる細菌です。

私たちの顔には常在菌が住んでいて、普段は角質や皮脂の汚れを食べて暮らしています。それでも、毎日の洗顔によって最近は増えすぎずにバランスを保っています。しかし、角栓は閉ざされているので中で細菌が繁殖し続けています。

角栓は顔から出た汚れの塊なので細菌の大好物。増えた最近は活性酸素をはじめとする有害物質を出して肌に悪さをします。それに対抗しようとメラニンを出すことで毛穴は黒ずんでしまいます。

何とか角栓を取ってしまいたいところですが、無理矢理とることもまた肌のダメージになります。すぐに出てくるからと爪で搾ることはやめてくださいね。毛抜きやピンセットで抜ける場合も、角栓が飛び出ている時に限ります。

角栓は優しく洗って毛穴ケア

では、どのように角栓を落とすのかというと優しく洗顔することが大切です。汚れはゴシゴシ洗いたいものですが、顔の皮膚はデリケートです。力を入れることでますます肌が傷んでしまいます。優しく洗ったくらいで落ちるの?と思われますが、汚れは界面活性剤の力で分解しますし、お湯の温度なら柔らかくなります。

鼻の角栓を洗い落とすときはまず、タオルなどで鼻を温め、たっぷりのきめ細やかな泡でこすります。そうすると、分解された角栓が流れ落ちます。角栓を流すと開いた毛穴が見えますが、これを引き締めるためには収れん化粧水と呼ばれるものを使いましょう。ごく一般的に売られています。

エステ、パック、皮膚科の治療のメリット、デメリット

b384b1691abdcb084948492a39b66420_s

毛穴パックは、ごっそり取れるけど毛穴が傷む

毛穴黒ずみ対策として、すぐにできそうなのが毛穴パックです。鼻に張り付けるだけで角栓をごっそり取り除くことができます。いちご鼻もすぐに改善されますし、とれた角栓を見るのも爽快感があります。確かに、毛穴パックは有効ですがやり過ぎ厳禁です。

毛穴パックは刺激が強いので鼻を傷つけてメラニンを作ってしまいます。また、力づくでとるので毛穴を傷つけることも考えられます。そのため、毛穴パックは月に1回行えば十分と言えます。それに、角栓は健康な人でもできるもので、必ずしも除去しなければいけないものではありません。あくまでも毛穴を開くほど大きくなった角栓に対処するものと考えましょう。

エステは効果がまちまち

エステは、効果があった・無かったという口コミをどちらも見かけますね。エステの長所は美肌を考えて行われることです。毛穴の黒ずみ対策として、ビタミンを毛穴に塗ることや自分ではできないレベルのクレンジングを行うこと。それも、鼻だけではありません。

一般的なエステは顔はフェイシャルエステとしてひとまとめに行います。一度エステに行くことで鼻の黒ずみやいちご鼻以外の悩みも解決するかもしれません。しかし、エステは人によって効果がまちまちですし即効性があるわけでもありません。

また、維持も必要なので人によっては皮膚科以上に高いお金を支払うことも考えられます。エステを利用するなら事前に内容や料金、評判を確認してからにしましょう。

皮膚科は即効性があるけど高い

毛穴の黒ずみがメラニンによるものであれば、最も早く対処できるのが皮膚科です。レーザーを当ててメラニンを破壊。これだけで黒くない毛穴に戻ります。その反面、自由診療なのでお金は高く数万円はします。黒ずみは病気というほどの症状でもないので当然ですね。

また、一度黒ずみを落としたからと言って根本的に解決したわけではありません。皮膚科で黒ずみを除去した後も継続的な毛穴ケアが大切です。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事