MENU

CLOSE

皮脂+タンパク質=角栓!黒ずみの原因をわかりやすく解説

皮脂+タンパク質=角栓!黒ずみの原因をわかりやすく解説

373views

カテゴリ:未分類

鼻の黒ずみが気になる!

ef4786f378a6073b569ba90666e917db_s

角栓とは何なのか

自分で鏡を見ていて気になる、人の顔を見ていて気になる、気にしている方が多い鼻の頭にあるブツブツ。通称いちご鼻。日頃、ブツブツ対策として毛穴ケアに勤しんでいる方も多いですよね。あのブツブツのことを角栓という名前であることはよく知られていますが、角栓のことを詳しくご存知の方は少ないのではないでしょうか?

前述しましたが、鼻の頭にあるイチゴの種のようなブツブツのことを角栓と言います。角栓を鼻から出た油、皮脂の塊と思われている方が多いかもしれません。3割だけ正解です。角栓は、7割がたんぱく質でできている角質と3割が脂質である皮脂でおおよそ構成されています。

角質とは表皮の上層部で、すでに死んでいる細胞です。冬になると、かかと等が白い粉をふく時がありませんか?あれが角質です。入浴で肌から出る垢も角質がふやけた物なのです。毛穴は表皮が窪んだ形をしていますので、毛穴の上層にも角質が存在します。この角質が角栓の材料になるのです。

なぜ黒ずみができてしまうのか

b8e90701ec353e98e4bca40800fae3b9_s

皮脂が酸化する

銅製品が酸化して緑青のサビができたり、バナナが酸化して茶色に変色したりと身近なものにも酸化は見られますが、私たちの体の中でも酸化は起こっています。黒ずみの原因の一つにもこの酸化が関係しています。本来は正常な表皮の新陳代謝であるターンオーバーが行われ、毛穴から適量の皮脂が分泌されていれば、角栓は毛穴から自然と排出されます。

しかし、皮脂が過剰分泌されたりターンオーバーが乱れたりすると角栓が排出されないこともあります。皮脂の過剰分泌する原因としてまずあげられるのは食事です。揚げ物などの脂っこいものやファストフードを好んで食べる食習慣の方は要注意です。脂肪を大量に摂取してしまうと血液中の脂肪量も増加してしまいます。

そうなると当然皮脂の量も増加してしまいます。皮脂は皮脂の量が増えれば増えるだけ酸化が進んでしまうので、それだけ毛穴に酸化した皮脂が蓄積されてしまうことになります。この酸化した皮脂と角質で出来た角栓がうまく毛穴から排出できないと、そのまま毛穴に角栓が詰まってしまいます。

角栓の皮脂が酸素に触れ続けることによってさらなる酸化を起こし、過酸化脂質へと変化していきます。この過酸化脂質が角栓の表面で徐々に黒ずんでいくこともあり、これが黒ずみの原因となるのです。この過酸化脂質ですが、肌に悪影響を及ぼし活性酸素を発生させてメラニンを生成させることがあります。鼻の黒ずみには、このメラニンが原因の黒ずみもあります。

メラニンの影響

角栓を除去して、鼻の表面をツルツルにしても黒ずみが残っている場合は、もう1つの原因であるメラニンの影響が考えられます。メラニンとは人間を含む動物や植物などの生き物が生成する色素のことを指します。メラニン細胞が紫外線を感知したり、活性酸素から過剰な刺激を受けたりすると皮膚細胞を守るためにメラニンが生成されます。

皮膚細胞がこれらの要因にさらされ続けると細胞核が変性し、遺伝子が傷ついてしまい、間違って修復された遺伝子が壊死したり皮膚ガンを引き起こしたりする可能性もあります。このような事態を招かないためにメラニンを生成して外部の過剰な刺激から体を守ろうとするのです。

本来は皮膚のターンオーバーが正常に機能していれば蓄積されたメラニンも順次剥がれ落ちていきます。しかし、何らかの影響でターンオーバーが遅れてしまうと、当然メラニンも剥がれ落ちることなく皮膚内に留まることになるので黒ずんで見えてしまいます。この状況が鼻の毛穴で起こると黒ずみになりいちご鼻と言われる状態に見えてしまうのです。

いちご鼻を防ぐには、普段の毛穴ケアは勿論のことですが、皮脂の正常な分泌が行える食習慣の対策が必要で、過剰にメラニンを作らせないような生活を心掛けることが大事なようです。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事